スズキ・スペーシア 燃費・口コミ評価

スズキ・スペーシア 燃費・口コミ評価 《軽自動車人気ランキング》

スズキ・スペーシアへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちら!

 

スズキ・スペーシア

スズキの軽乗用車のラインナップの中で、ワンボックス車を別にして最も背の高い車種が、スペーシアです。所謂、スーパートールワゴンと呼ばれるカテゴリーに属する車で、かつて販売されていたパレットの後継車という位置付けになります。現在、市場での人気も高く、ダイハツ・タントやホンダN-BOXなどのライバルと共に、売れ筋モデルの一つになっています。

 

このスペーシアの最大の特徴は、前述したライバル車種よりも、車両重量が遥かに軽い事です。全高1,700mmを超える、容積の大きいボディを持ちながら、FFモデルの場合で840〜870kgという、ライバルよりも100kg前後も軽い重量を実現しています。これは、他社の全高1,600mm台のトールワゴン並みの重量であり、スズキの軽量化技術の高さが如何なく発揮されています。こうした車両重量の軽さは、動力性能は勿論、燃費性能にも良い影響を与えています。自然給気エンジン搭載のFFモデルで29km/Lという数値は、このカテゴリーの車種として最も優れたものです。

 

スペーシアのデザインは、内外装とも特に奇をてらったところがなく、手堅くまとめられています。強い個性を望むと物足りないかもしれませんが、嫌みがない為、長く付き合っても飽きが来ない良さがあります。又、安全装備の面でも抜かりはなく、レーダーサポートと呼ばれる衝突回避支援システム装着グレードが用意されているので、大切な家族を守りたいという要望にもしっかり応えてくれます。エンジンは、自然給気の他にターボも用意されますが、前述のように車両重量が軽い為、無理にターボエンジン搭載モデルを選ばなくても、必要十分な走行性能が期待出来ます。

 

スズキ・スペーシアへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちら!

スズキ・スペーシア 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

29.0km/L(NAエンジンFF車)

3395×1475×1735

4.4m