スズキMRワゴン 燃費・口コミ評価

スズキMRワゴン 燃費・口コミ評価 《軽自動車人気ランキング》

スズキMRワゴンへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちら!

 

スズキMRワゴン

スズキMRワゴンは、1世代前のワゴンRのプラットフォームを流用し、個性的なボディを架装した、一種のパイクカーです。先代モデルが丸みを帯びたデザインであったのに対し、現行モデルは対照的にボクシーなデザインになっています。このMRワゴンのエクステリア・デザイン上の最大の特徴は、「しかめっ面」のような、独特な表情を持つフロントマスクにあります。異形デザインのヘッドライトや、エンジンフードのラインの処理でそのように見えるのですが、単に可愛らしいイメージを狙っていない点が新鮮です。又、アッパーグリルが非常に小さい為、一見するとRR車にもようにも見える点も、デザイン上の一つのポイントになっています。

 

このデザインを見て、往年のイタリアの大衆車、フィアット126をイメージした人は、相当なイタ車ファンです。設計者がフィアット126を意識したかどうかは不明ですが、かなり近似性を感じさせます。そして、このMRワゴンには、Witのサブネームを持つ派生車種も存在しますが、そちらはメッキグリルを採用するなど、オーソドックスなフロントマスクになっています。どちらを選ぶかは好み次第ですが、個性の面ではスタンダードモデルの方に分があります。そして、ボディのディメンションは、一見そうとは見えないものの意外に背が高く、1,625mmという一般のトールワゴン並みの高さがあります。その為、残念ながら多くの立体駐車場には入庫出来ませんが、それを望む人はラパンを買ってくれという事なのでしょう。

 

一方、インテリアもなかなか個性的で、直線的でシンプルなデザインのダッシュボードや、独特な色使いの内装など、この車でなければ得られない雰囲気を持っています。搭載されるエンジンは、Witにのみターボも用意されますが、走行性能を求めて選ぶ類の車種ではないので、自然給気モデルで十分でしょう。燃費は、30km/Lと良好で、経済性を重視するユーザーにもお薦め出来るものです。MRワゴンは、実用的かつちょっとユニークなデザインの軽自動車として、評価に値する1台です。

 

スズキMRワゴンへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちら!

スズキMRワゴン 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

30.0km/L(NAエンジンFF車)

3395×1475×1625

4.4m