ダイハツ・ミライース 燃費・口コミ評価

ダイハツ・ミライース 燃費・口コミ評価 《軽自動車人気ランキング》

ダイハツ・ミライースへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちら!

 

ダイハツ・ミライース

ダイハツの数多い軽自動車のラインナップの中でも、最も長い歴史を持つのがミラです。そのミラをベースに、燃費向上に特化した派生車種として2011年に登場したのが、ミライースです。ミライースは、トールワゴンタイプ以外の軽自動車としては、唯一販売ランキングのベストテン入りを果たすなど、市場から大変な好評を持って受け入れられています。その最大の要因が燃費の良さであり、又価格の安さにある事は、間違いないでしょう。現在、純ガソリン車燃費ナンバーワンの座は、後発のスズキ・アルトエコに奪われましたが、それでも33.4km/L(FFモデル)という数値は大変素晴らしいものです。

 

トールワゴンタイプの軽自動車が、30km/Lが限界であるのに対し、これだけの燃費性能を達成出来たのは、ひとえに車両重量の軽さに起因しています。FFモデルで730kgという車両重量は、平均的なトールワゴン車よりも100kg程も軽いものです。無暗に高さ方向のスペースを追求しないハッチバック車であればこそ達成出来た、重量の軽さと言えます。搭載されるエンジンは、52馬力の最高出力と60Nmの最大トルクを発生する自然給気ユニットのみで、他の車種には大抵用意されるターボエンジンは用意されません。これも、車両重量が軽いが故に、自然給気エンジンでも十分元気に走れるからに相違ありません。

 

又、車体の容積が小さいと言う事は、製造コストの削減にも繋がり、それが価格の安さという形で如実に反映されています。アルトエコも同様ですが、ミライースはある意味で軽自動車の原点に返ったような車種です。軽く、必要十分な居住性を持つボディと、燃費の良い自然給気エンジンの組み合わせは、本来の軽自動車の王道とも言えるものです。軽量ボディの弱点として、パッシブセーフティー性能が劣る事が挙げられますが、ミライースは衝突回避システムを装備する事が可能なので、そうした弱点をカバー出来ます。ミライースは、総合的な見地から見て、最も軽自動車としての本質を突いた車種と言えるでしょう。

 

ダイハツ・ミライースへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法はこちら!

ダイハツ・ミライース 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

35.2km/L(FF車)

3395×1475×1490

4.4m