ダイハツ・コペンエクスプレイ 燃費・口コミ評価

ダイハツ・コペンエクスプレイ 燃費・口コミ評価 《軽自動車人気ランキング》

ダイハツ・コペンエクスプレイへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法!

 

ダイハツ・コペンエクスプレイは2014年に登場した軽スポーツ2シーターです。2002年に登場以来根強い人気を誇るコペンの2代目で、このエクスプレイモデルは外観がSUV風となっております。外装にはドレスフォーメーションを採用し、アウターパネルが樹脂製となっておりその部分を別のアイテムに着せ替えが可能と、自分なりのアレンジが出来るというファンにはたまらないシステムです。

 

ダイハツ・コペンエクスプレイの口コミ評価

@コペンがSUV要素を加えて帰ってきた
A超軽量化高剛性ボディでリッター最大25.2キロの低燃費
Bハードトップは片道20秒で開閉可能の電動タイプ

 

ダイハツ・コペンエクスプレイ

そしてタイヤとホイールはダイハツ・コペンエクスプレイ専用の16インチアルミホイールを標準装備。クロスオーバーテイストで何とも個性的です。パワートレーンは直列3気筒DOHCターボでありながらも超軽量化高剛性ボディにより、燃費はリッター最大25.2キロとかなりの水準です。インテリアについても専用システムが施されており、メーター部が赤い文字盤にシルバーリングの3連メーターとなっております。

 

さらにハードトップは電動開閉式でのアクティブトップ。20秒で片道の動作となりますので、急な雨等でもスピーディーに閉じることが出来るでしょう。また、オープンカーには嬉しいシートヒーターは運転席の他助手席にも対応です。最後にラゲッジルームについてですが、ハンドバッグ程度の荷物ならば問題なく入れることが出来ます。しかもトランクフードは軽く押さえると自動で閉まるイージークローザーシステムで、上質感たっぷりです。その他にもスポーティーな皮巻き仕様のステアリングやシートはレカロシートなど、遊び心と本格的な走りを満喫できるダイハツ・コペンエクスプレイ。世界にも通ずる個性派といえるかもしれません。

 

ダイハツ・コペンエクスプレイへの買い替えで現在の愛車を相場よりも10万円以上高く売る方法!

ダイハツ・コペンエクスプレイ 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

25.2km/L(CVT車)

3395×1475×1280

4.6m